鳥取県北栄町(大栄、北条)と中部(倉吉、三朝、湯梨浜、琴浦)
時には大山、境港までの田舎暮らしをお届けします。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「どこでもジビエ」・・とは言うけど。
「猪・鹿」の里山荒らしの被害は全国的に深刻な問題。
鳥取県も例外ではない。しかし、この人間にとって有害としている猪鹿。

このジビエは見方を変えれば、美味しい高級な食材。
その取り組みをしているのが「いなばのジビエ振興協議会」

市内に10以上のお店でジビエを提供しているが、そのひとつに
鳥取県立博物館内にあるで「カフェ・ダール・ミュゼ」がある。
この度「ジビエ薬膳火鍋」をメニュー化しジビエ料理を提供している。


そして、このメニューを商品開発したのが「ふるさと鹿野」。

以下は、パンフレットから抜粋。
ここ数年、注目を浴びておりますジビエ(いのしし、鹿など)♪
な・なんと、そのジビエ肉と鹿野町産「鹿野地鶏ぴよ」、特製の「中華醤」と生薬・スパイスが入った
薬膳火鍋セットを株式会社ふるさと鹿野にて期間限定で販売することとなりました!!
薬膳には免疫力をアップさせる力があるそうです。また、ジビエ肉にはビタミンB群が豊富で、
「鹿野地鶏ぴよ」は深い旨みがなんとも言えません!
また、「黒らっきょう中華醤」は鳥取産のらっきょうを蒸し焼きにして熟成させた黒らっきょうを使い栄養価も満点です!!

期間限定ですので、この機会にぜひぜひお買い求めください♪
■鳥取どれ「里山のめぐみジビエ薬膳火鍋セット」
消費税込5,800円(4人前)
※送料別途
※平成26年3月末日まで

■商品のご注文・お問合せ
株式会社ふるさと鹿野
〒689-0425鳥取市鹿野町今市972-1 山紫苑内
TEL0857-84-2205(9:00〜17:00)

是非ご賞味ください。

おまけ♬「ジビエの食卓」
***********************


 
コナン駅ってこんなん?


鳥取県はなんたって「まんが王国」である。
水木しげる、青山剛昌、谷口ジロー とメジャーな漫画家が多い。
・・・っつても、3人だけど(笑)。
ゲゲゲの鬼太郎、名探偵コナン、父の暦・・・
私も時々であるが少しだけ「自慢」気な気分になることがある。

先だっては、米子空港が名称を変えた。
「米子鬼太郎空港」

次に、「JR由良駅の名前が変わった。」と聞いた。
「コナン駅」と。青山剛昌自らが提案したと。

先日、久しぶりに山陰線各駅停車で米子へ。
途中由良駅に停車。おお・・・コナン!!

記録写真を・・・とカメラを向けて不思議に思った。

「由良駅(コナン駅)」とある。

名称が変わったのではなく、
「コナン駅」という愛称がついたということだった。
なんだ、やっぱり、困難だったのか!!
気を取り直して、目的地へ向かう。
***********************







 
合せて190歳。

新年を迎え 皆様良き年でありますように。


進じいちゃん 97歳
時子ばあちゃん93歳 (写真は義兄撮影)

昨年96歳の誕生日の時。共に白髪の生えるまで。
仲睦まじく見つめ合う老夫婦。
お互いを気遣い向き合う横顔が微笑ましい。
人に言えない苦労もあったろうに。
ひさしぶりに「やまびこ」に投稿したものが掲載された。

「長男が帰って来るまでは」と頑張ってきた進じいちゃんは
「百歳まで生きる」と言う。
昔のように何もかもがうまくできなくなってしまったが、と
野菜をもってきてくれる時子ばあちゃん。
二人合わせて190歳。

私たちは次男夫婦であったが、隣に居を構え
進じいちゃんのいう「長男が定年で帰ってくるまでは」
と長男夫婦の代わり(になっていたかどうか)を約30年余り務めてきた。
「傍にいるだけでどんなにか心強いか。それだけでも親孝行だ。」と。
親戚、近所の人が会うたびにこう言ってくれるのがなによりの励まし。
「ああ、あの時子さんとこの?元気にしとんなるかえ?」と。
進じちゃんや時子ばあちゃんの人となりを想わせる地域の人たちの挨拶。
そして、待望の長男夫婦がリタイアして帰郷。

「肩の荷が下りた気がする」と連れ合いが言う。「ご苦労様」と私は思う。
二人合わせて190歳とまでは到底無理なことかもしれないが、
せめて、時子ばあちゃんの生き方を真似たいもの。

長男夫妻が跡取りとして同居して早や4年。
年老いた両親との同居生活は、傍では見えない苦労があるだろう。
それを受け止めてくれる長男夫婦に感謝。
158円!高いのか安いのか?
ねえ
最近はホームセンターで・・・ということがよくある。
休日の暇〜なときに「ホームセンタでも行こうか」と。

今日も出かけた。何しに・・というわけでもなく、
何を探しに・・・というでもなく。
ブラブラと店内を物色していると
「おお!安いんじゃない?メーター158円だって。」
雰囲気に合いそうな(ということ程もないのだが)
テーブルクロスを見っけ。
店員さんを呼び寄せて、
「そうね、2mお願い。で、これってメーター158円よね?
すっごくお安いんだけど確かよね。」と念押ししてみた。
切ってしまってから「違います!!」ってことにでもなった大変だ。

店員は、チラシをみながら
店員「ええと、あれ、そうですね。10センチ158円ですね」
私「ええ?10センチ?メーター1580円ってこと?
  じゃあ、じゃあ、広告の品でもなんでもないじゃないですか!
  定番価格じゃないですか?」
店員「そういうことですね」平気な顔で言う。

ねえ、これって詐欺っぽくないですかね?


 
今日のツッコミ!


本日の日本海新聞。「倉吉の空き店舗マッチング事業で成果」とある。
どれどれ・・気になるのである。昨年まで私がやってたお仕事。

2011年度は4件、2012年度は6件のマッチングが成立、
白壁土蔵群周辺は観光スポットとしての魅力が増しつつあり、
赤瓦周辺の再興に期待がかかる。(中部本社・・石原美樹)

土蔵を改装して美容室をオープンさせた案件も昨年から
1軒1軒歩き回って交渉し、今年9月に契約に至ったものだ。
伝建群限定だった倉吉市の開業補助制度もエリア外の地域にも
拡大することを検討している。
これも、以前から担当者に要請していたものである。
「空き店舗ツアー」「1坪店舗」の新しい試みも始まっている。
おお、後任の山本さんも頑張っておられますな。

そこで、今日のツッコミどころ。
文章中のここ!・・・

倉吉商工会議所地域産業活性化推進員の山本**さん(・・・)

この(・・・)には、彼女の実年齢が記載されている。
なんでΣ(゚д゚;)  年齢まで入れる必要があるの?
 
***********************


 
ポチポチお願いします!
中国地方のBlogがいっぱい
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 鳥取情報へ