鳥取県北栄町(大栄、北条)と中部(倉吉、三朝、湯梨浜、琴浦)
時には大山、境港までの田舎暮らしをお届けします。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 効かなくなった「コウヤク」は素早くはがずべし!! | main | 若い娘=狸・・実話か? >>
最近の傾向として・・・
 
本屋さんに行くと、最近はこのような傾向の本に興味関心が注がれる。
88才にも成る時子ばあちゃんに、「おんぶにだっこ」で
野菜やお米を 作ってもらっていたのだが。

「このままじゃ、いかんぜよ」と龍馬さんが耳打ちしたというわけではないが、
そろそろ・・・、来年は・・・、今年は・・・と その思いだけが深くなる。
深くもぐりすぎて、見えなくなってしまったと?


お豆さんもこ〜んなに種類があって、
時子ばあちゃんが作る「緑大豆」って、なんという名前の大豆なだろうと。

ファッション雑誌をみるような、楽しさがある。
野菜作りにも いろいろと工夫やテクニックがあって・・・
畑のレイアウトやハウスの作り方、
それに、作業着なんかも(笑)・・・おされに農業したいよね〜

野菜や味噌、漬物、梅干し、・・手づくりは当たり前で、
昔の家の暮らし(ううん、おおよそ40年位前?)
コタツの中では、麹を作っていたっけ・・・
だから「手前味噌」って言葉があるんだってことも。

「塩こうじ」のレシピが載っていた。
前に紹介した「三五八漬け」、
蒸し米を加えないもので使い方は全く同じ。

「どうやら、こうじ菌が出す酵素が、肉や魚の表面のたんぱく質を
アミノ酸に分解するらしい。素材から引き出されたその旨みと塩味が
入り混じって、美味しさが増すようだ」とある。
まったく、そのとおり!!なのだ。

豚バラ肉とネギの串焼き・・・
三五八漬けに半日くらい漬けておいた豚バラ肉は相性が良いそうだ。
よ〜し、ヤッテミヨウカナ!!
ええ? 野菜にしときなさいって!!

★古くて新しい日本の伝統食「三五八漬け」

日本の伝統食・最高級の漬けものの素
「ネオ三五八」は こちらで 「山陰めだま屋本舗」

雪見酒とは オツだね〜 
日本酒仕込みの梅の酒「野花」はこちらで

「菌はステキ!」と思ったら 応援よろしくね!

中国地方のBlogがいっぱい
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 鳥取情報へ


Morningstar さん

おはようございます!!
ありがとうございます。
「菌」って、不思議な生き物ですよね。
悪玉と善玉があるんですね? 
hanako | 2010/01/23 09:09
「菌はステキ!」と思いました(笑)。
Morningstar | 2010/01/22 20:53
COMMENT









Trackback URL
http://hanakoblog.ds-be1.com/trackback/973138
TRACKBACK
ポチポチお願いします!
中国地方のBlogがいっぱい
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 鳥取情報へ