鳥取県北栄町(大栄、北条)と中部(倉吉、三朝、湯梨浜、琴浦)
時には大山、境港までの田舎暮らしをお届けします。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 閑静な住宅街でたぬきと出くわす? | main | 野の花診療所ボランティア養成講座 第6回目 >>
時子ばあちゃんの「小さい秋」
 
「おたくのお母さんじゃない?新聞を読んで電話しているの・・
良いお嫁さんといいお母さんねぁ〜」
「ええ、多分。私はまだ読んではいないけど・・」
早々に新聞を広げて見る。
11月7日(土)の日本海新聞 「私の視点」の記事。(以下転載)

去る1月、水を含んだぼた雪が降り続いた。
その重さに耐えかね、キウイフルーツの棚は押しつぶされた。
畑は放棄しても針金だけは取り除かねば・・・。
老体に鞭打ち、暇をみては片づけた。
喉頭が変だな、がんかなと思ったが、結局は仕事の疲れだったらしい。

5月の終わりに主人が家の中で転んで左肩を故障し、
明日には田植えという日に入院の羽目となった。
隣に住む次男に田かきを頼むが、トラクターに乗ったこともないのに
と良いながら、仕方なくしてくれた。
その日より、家の中は一変した。
主人は果物が大好きで、定年後、十指に及ぶ果樹を植栽している。
仕方なく梨と稲と野菜に絞り、私と次男で暗中模索というか、
思考思索というか、探りながらの連続であった。

私は運転もできないし、草刈り機も使えない。ただ指図するだけ。
幸い主人が昨年の記録を全部残していたので
記録に基づいて作業ができ、その点楽であった。
梨は売るものではなく、送ったり、人に差し上げた。
後日お礼に「美味しかった」の言葉をもらい、次男夫婦とともに喜んだが、
私の体重は徐々に軽くなっていく。
でも私には食欲があるから望みを持ち、体を考えながら今日まできた。

9月20日には姑の25回忌の法要を営んだ。
これまではすべて私が支配していたが、今度ばかりは次男夫婦と
岐阜に住む長男夫婦が話し合って取り計らってくれた。
私には何一つしなくてもいいように取り計らってくれた長男の嫁の
心配りには感謝の念でいっぱいであった。
姑の子ども、孫たちも久しぶりの出会いに話は尽きないが旅館を後にした。
帰途につく車窓から見る山々の景色に紅葉は見られなかったが
私にも小さな秋が訪れたなあと思う。

次男の嫁には、主人と私の医者通い、買い物、用事、
何事も車で用を足してもらっている。感謝ばかりの毎日である。
春早々から精神的、肉体的苦労を重ねた本年も、
できればこの辺で終止符を打ちたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上、ここまで。
時子ばあちゃん、88才。
今日も元気に畑仕事に精を出す。
進じいちゃん、92歳。
地区の総事にも顔をだして皆をビックリさせている。
退院後リハビリに精を出して、日常生活には支障なく
ここ3日ほど、山にあがりびわの木の剪定をしている。

「私もちいさな秋見つけた〜」と思ったら応援よろしくね!
中国地方のBlogがいっぱい
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 鳥取情報へ

あわせて読みたいブログパーツ
♪桃ママさん

おはようございます〜
ありがとうございます。

いえ、きっとどこにでもある家族の形。
特別なことではないのですよね。
しっかりと感謝の気持ちを伝えることが
できる時子ばあちゃんには頭が上がりません。

こうして私は「良い嫁」に育てられていく(笑)
うれしいことです。

桃ママさんとこも同じだと思います。
HANAKO | 2009/11/10 09:01
素敵な御家族ですね。
時子ばあちゃんも感謝の気持ちを
きちんと表していらっしゃる。
すてきなお姑さんですね!

暖かかったり寒かったり
気温の変化に振り回されてます
お体御自愛くださいませ。
桃ママ | 2009/11/09 20:02
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
ポチポチお願いします!
中国地方のBlogがいっぱい
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 鳥取情報へ