鳥取県北栄町(大栄、北条)と中部(倉吉、三朝、湯梨浜、琴浦)
時には大山、境港までの田舎暮らしをお届けします。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
鳥取の片田舎で豊かに生きる

昨日の日本海新聞。
「生き方が豊かになる働き方」というテーマで
二人の若者の生き方を紹介しています。

一人は鳥取県をヴァイオリンの聖地に
一人はお百姓さんに

終身雇用の働き蜂の正規社員 が約3割
非正規社員が6割を占める 歪な労働環境
これまでの働き方が通用しなくなって
なにやら怪しげな「限定正社員」という働き方が取りざたされているが・・・
労働者のためになるのか、大手会社の利益を守るためのものなのか、
何が、誰のために、どういう利益をもたらしてくれるのか。

贅沢しなければ、そこそこ生計は成り立っていく
鳥取というの片田舎でも「生き方が豊かになる働き方」が
できるということを証明してくれた
才能と働く環境に恵まれた二人の若者にエールを送りたい。
 
***********************





  
 
どうしようかな?
 

かわいい地区の子供会のみなさんから届いた招待状。
「日頃、お世話になっているみなさんに」と。

子どもが成長してしまってから
クリスマス会など 無縁な生活になっていた。

これって?
そういう歳になってしまったのだね。





こんなに成長したんだね。

4か月前…産まれてほやほや。湯気が出てる(笑)

現在…見つめられると弱い!!
こんなに成長したんだね!!




ラッキーな椎茸狩り
椎茸大好きのあゆた君。
3連休に「椎茸狩り」にでかけたそうな。
で、お昼にバーベキューを2人前で予約したらば
お店の手違いで4人前が出てきたんだそうです。
「ラッキー」と大喜びの あゆた君。

で、こちらでは 大神神社の秋の例大祭。
総代長を務めるので 大判振る舞いですわ!!
しかし、みなさんの引立てで 無事祭りも終わりました。
夕方には、榊(地区の青年団で)の御一行様も集まり
賑やかな1日でした。

こんな風景も 段々と…。
できるだけ伝承していかなければ、地区の崩壊へと繋がっていく
…そんな心配もしながら。たま 来年!!



晴れを飾る 
 

倉吉市赤瓦にある てぬぐい工房らっぷ さんの店頭を飾っている 甲冑
かっこいいじゃあ ありませんか!!

七五三で 男の子が勇ましい姿になるそうですよ。
貸出し可能だそうです。 是非、ご利用ください。

これも いいね!!





生命の誕生の瞬間

予定日を過ぎても なかなか誕生してこなかった彼。
産まれた瞬間に立ち会いした時 改めて生命の強さに
感動したのです。



 
たけのこ掘りに挑戦す!
 
さてさて 遅くなってしまった「たけのこ」掘りに
行ってみることにした。いい天気の連休の最中。

3歳になるぼうや「あゆた君」
じーじについて たけのこ掘りに初挑戦です!
しかし、初ものつくしで てんやわんやです!
水筒におやつに、おむつも準備してのいざ、山に。

天高く伸びている大きな竹を見上げて
「東京スカイツリーがいっぱいだねぇ〜」
  ・
「おお〜  そうだねぇ〜」 
  ・
少し慣れてくると
たけのこに土が付いているのをみて・・
「ねぇ ばっちいよ!」

枯れ草や落ち葉、強風で倒れた竹のきをみて・・・
「散らかってるねぇ〜!」

さすがに興味津津の3歳児・・・
「これ なに?」「これ なに?」「これ なに?」

お母さんに言われているらしい・・・
「虫さん いるの?」

ついでに
「キャリアカーと耕運機と散水車に乗りたくなっちゃったよ!!」
さすがに 男の子だけあって・・・
たけの根っこや枯れ枝に足を取られ 転んでも泣かない。
手が汚れても 気にせず 立ち上がり 進んでいく。

なんとも 賑やかなGWになりそうです!!

******************************



古い話だが…敬老の日の思わぬプレゼント
古い話だが、敬老の日を前に電話があった。
「・・・・・様ですね。おめでとうございます。
敬老の日川柳にご当選です。念のために住所とお名前と生年月日を・・・」
うう〜〜!これは??? 騙されてはいけない。
確かに、敬老川柳に応募した記憶がある。・・これか?
時子ばあちゃんにプレゼントできればいいな・・・と、
軽い気持ちで川柳を作ってメール送信した。
「90のおばあちゃんが作った野菜が私の若さの秘訣」
こんなんだったかな〜(笑)

 
9月18日敬老の日。これが届きました!!

商品を検索してみると「温ったかもみ玉」が上下に動いてマッサージ
進化した「ルルド マッサージクッション」という。
欲が出てきて私が頂いてしまった。
一日の終わりにテレビを見ながら疲れを癒している。
ふぅ〜 極楽 極楽 気持ちいい〜〜〜♪
しかし、「敬老の日」のプレゼント…微妙だなぁ〜(汗)


山桃取りにおいでませ

95歳にもなる進じいちゃんが壮年(?)のころ
四国から若木を買ってきて 庭に植えたものが 太く大きく育ち
毎年たくさんの実をつけてくれる。かれこれ50年は経つ計算。
ふと思う…じっちゃん、ばっちゃんの遺産を享受してるんだなんぁって。
我々は 子ども・ひ孫に残してやるものがあるか?なんんて。

山桃が最中になったので 仕事先でお世話になっている 
K氏が家族を連れて山桃を取りにおいでました。
子どもに山桃の木を見せて 取り方も見せておきたいという。
すでに熟してきているので 風で枝がゆれただけでも 
ポロポロと落果してくる。
終いには 枝をゆすって 霰みたいにふるい落とし 落ちてきたところで
拾うようにした。これが一番効率的。


熟した山桃で 手がベトベトに。食べてみると薬っぽいけど甘酸っぱい。
やはり 今年も梅ちゃんで山桃酒造り。
どうも まってしまったようです。梅ちゃん。 



山桃は よ〜く洗って乾かして 氷砂糖と交互に入れて梅ちゃんで満杯に。
半年後が楽しみです。山桃独特のお薬くささ・・いいですね〜
 


贈る言葉・・卒業式
今日は娘の卒業式  朝から冷たい雨模様

式の様子も 時代ごとに
様子も変わってきているというのか…ボヤクく猫なワタシ。


学校の行事の「卒業証書授与式」のあとは
生徒会主催の「卒業生を送る会」があったりして
手作りの思い出DVDをスクリーンに映し出したりする
そこには 卒業生にメッセージを送る
普段は苦虫をつぶしたような先生方の変装姿だったり 
生徒より熱心に掃除をしている姿だったり
それはそれで面白いもの。

卒業証書授与式の名前を呼ばれたときに
誰が一番受けるか!(笑いをとる)という
あたまのteppenから出たような奇怪な返事をしたり
体育館いっぱいに響き渡る大きな声で返事をしたり
それはそれで 校風が感じられる
こればっかりは 校長先生もニガ笑うしかないよね

式が終わったら教室に移動し 先生が一人ひとりに
卒量証書と卒業証明書と成績表を手渡す
そして 一言贈る言葉
担任、副担任、その副担任と3人の先生方から
涙ながらに 

「意志あるところ道は開ける」
「万事塞翁が馬」
「冬花冬心」
「青年よ大志を抱け」
「初心忘するなかれ」
・・・・
・・・・

日ごろは 面倒がられ このような言葉は口にはできないが
いつまでも こころの片隅に刻みつけていてほしい。

最後に本日一番気に入った 贈る言葉
「素直に 謙虚に 前向きに 感謝忘れず」

シンプルでいいなぁ〜

 日本酒仕込みの梅の酒「野花」
梅酒を造るなら「梅ちゃん」 純米酒「冨玲」
こちらで→「山陰めだま屋本舗」 

「鳥取県中部、頑張れ!」と思ったら
 ☆「くらしよし市場」

こちらも応援よろしくお願いします!!
中国地方のBlogがいっぱい
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 鳥取情報へ
  
 
ポチポチお願いします!
中国地方のBlogがいっぱい
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 鳥取情報へ